酵素ドリンクでガン細胞を抑制

MENU

ガンは日本人の死因第1位

 

日本人の死因第一位はがんと言われています!

 

ガンは日本人の死因第1位

 

現在ではがんは早期発見、早期治療をおこなうことによって進行を食い止めることができるようになってきました。ドクターや研究者たちは、日夜がん撲滅のために研究を続けています。

 

そんななか2014年2月のニュースで、がん転移を促進するたんぱく質を切断できる酵素があることが発表されました。発見したのは熊本大の尾池雄一教授(分子遺伝学)他の研究グループです。これまでの研究で、肺がんや乳がんのがん細胞から転移やがんを広げる(「浸潤」)役割のたんぱく質ANGPTL2が分泌されることが分かっていました。さらにこのたんぱく質が、TLL1と呼ばれる酵素によって切断され、がん進行が遅くなることがわかりました。つまりこの研究が進めば、がん転移を防ぐ新しい抗ガン剤ができるかもしれないんです。

 

 

酵素

 

これ以外にも聖マリアンナ医科大学大学院 医学研究科では、乳がんと卵巣がんの研究中に、がん抑制遺伝子BRCA1(ブルカ1、ブラカ1、ビーアールシーエー1)が酵素であることを発見しています。ユビキチンリガーゼという酵素で、この酵素が活性化すると乳がんの発症を防ぐ可能性があると考えられています。

 

これらはまだまだ研究途中ですし、非常に特別な酵素ですから、現在売られている酵素ドリンクの効果とは関係がないと思われるかもしれません。たしかに酵素ドリンクを飲んだからがんにならなかった、見つかったがんが消えたということはあり得ないでしょう。ですが酵素ドリンクにはビタミンやミネラルが豊富に含まれ、非常に優秀な健康補助食品です。継続的に酵素ドリンクを飲むことで健康的な生活の補助になります。

 

代謝があがれば人間が本来持っている自然治癒力もあがり、体の機能全体が活性化します。がんに効くからといって酵素ドリンクを飲む人はいないでしょうが、がんも含めた成人病や生活習慣病の予防という観点からいえば、酵素ドリンクは手軽に飲めて非常に効果的な食品だといえますね。

 

WEB限定価格で購入できるのはこちらからのみなので、チェックはお早めに。
酵素芸能人も愛用している無添加酵素ドリンクはこちら

 

 

酵素ドリンクならどれでも良いわけではありません

 

酵素ドリンクはどれでも良いと思っていると損をします!

 

酵素

 

ドラックストアなどで売られている市販の酵素ドリンクには添加物が含まれているモノが多く存在しています。添加物の種類によっては発がん性、などの異常を引き起こす可能性があると言われている添加物を使用しているモノもあります。

 

添加物を摂取したからと言って、すぐに何か異常をきたすことは決してありませんが、添加物は出来ることなら、摂らないに越したことはありません。無添加の酵素ドリンクで人気の商品はこちらです。スタンダード味と梅味の2種類がありますが、梅味の方が飲む易いので、私は毎回梅味を購入しています。

 

無添加の酵素ドリンクなので、小さなお子さんでも安心安全に飲むことが出来ます。
酵素芸能人も愛用している無添加酵素ドリンクはこちら