酵素ドリンクと野菜ジュースの違い

MENU

短期集中ファスティングにぴったり

酵素ドリンクの目的は、酵素そのものを体外から補充するということと、すでに体内にある酵素に対する栄養を補充するという二つからできています。酵素は体内で作られ、「消化酵素」と「代謝酵素」に分けて使われます。大事なのは「消化酵素」が先に作られると言うこと。消化酵素をたくさん必要とするような食生活(動物性たんぱく質や脂っこいものが多い食事)をしていると、代謝酵素へまわる量が減ります。酵素ドリンクを飲むことで代謝に回る酵素が増やし、やせやすい体質への改善を狙うのです。

 

 

酵素ドリンク以外で効率的に酵素をとるにはどうしたらいいのか。酵素はいろいろな食品に含まれているので、食べればいいんですね。ただし一部の酵素をのぞいて50度以上の加熱で働きがなくなってしまうので、生の食材からとるしかありません。発酵食品からもとることができます。たとえばトンカツ(脂っこい+動物性たんぱく質)にたっぷりの生キャベツが添えられているのは肉の消化を補助する消化酵素を増やすためです。トンカツだけ食べてキャベツを残していては、酵素が足りなくなります。

 

 

では野菜ジュースをのめば酵素ドリンクと同じように酵素の助けになるのでしょうか。これは難しいところです。市販の野菜ジュースは製造から開封まで時間がかかっているため、酵素をとるのに適しているといえません。

 

 

自宅でつくる生ジュースは、かなり期待できます。弱点は作るのが面倒だと言うことと、味に問題があることですね。手作りの生野菜ジュース(塩、砂糖無添加)で、びっくりするほどおいしいものを作るのはむずかしいです。生野菜をすりつぶしただけだから栄養はたっぷり入っていますが、味は諦めるほかないようです。

 

 

酵素ドリンクと野菜ジュースのいいとこどりをしたければ、酵素ドリンク+生野菜ジュース+ヨーグルトの組み合わせが最強です。各種栄養素もとれて空腹感も紛れますので、短期集中ファスティングにはぴったりですよ。