酵素を多く含んだ発酵食品はダイエット向き

MENU

発酵食品を必ず1日一回食べること

酵素

 

発酵食品が健康に良い、というのはもはや常識ですよね。豆腐や納豆、ヨーグルトやワインなど発酵食品は私達の食卓ではかなり身近なものです。ではこの発酵食品、一体どのように体に良いのでしょうか?まずなんといっても、「発酵食品はあらかじめ栄養素が分解されている」という事です。

 

本来人間が食べ物を食べると、体内で酵素達が活躍して必死に分解、消化の仕事をします。肉や魚、甘いものなどが腹持ちが良いとされるのは、消化しにくい食べ物だからです。消化しにくい、腹持ちが良いと聞くとダイエットに最適なのではないか?と思うかもしれませんが、消化をするために大量の酵素が体内で消費されていきます。

 

多くの酵素が食物の消化活動に費やされてしまうと、そのほかのエネルギーに手を回せなくなってしまうのです。脂肪を燃やすのも、血液の流れをよくするのも、排泄物を促すのも全て酵素の役目です。つまり、消化の悪い食べ物はたとえ腹持ちがよくても、結局酵素を使うバランスが崩れてしまうため、長い目で見ればダイエットには不向きです。
しかし発酵食品などの、あらかじめ栄養素が分解されている食品は、体内で消化をしやすいので、酵素の仕事も少なくてすみます。すると、そのほかのエネルギーに酵素の力を費やすことが出来るので、結果健康な体を作れるというわけです。

 

また、発酵された食品そのものにも多くの酵素や乳酸菌が住み着いており、それらが消化をしやすい食品(発酵食品)にのって体内に入ることにより、素早く腸内環境を整えたり、体に有毒な成分を退治したりしてくれるのです。さらに発酵することで、それまで発酵前には存在しなかった成分や菌が増えます。中でも善玉菌という、腸内にいるこの菌はお腹の調子を整えるのに欠かせない菌です。

 

便秘がち、という人にはこの善玉菌が多く生息しているヨーグルトや漬物類がおすすめです。発酵食品を必ず1日一回食べることで、腸内の酵素や菌などの働きを助けるとともに、健康な体つくりを目指していきましょう。

 

 

酵素ドリンクアンチエイジングに興味がある人におすすめ