酵素パワーで痩せやすい体を作る

MENU

酵素を摂取すると痩せる、と言われているのはなぜでしょうか。酵素そのものに、脂肪を燃焼する力はありません。では一体どういうことなのでしょうか。
まず、私達人間の体には「消化酵素」と「代謝酵素」という2つの酵素がもともと備わっています。消化酵素は、その名のとおり食べ物の消化を助ける酵素です。代謝酵素は、細胞の修復や免疫力の調整、排出行為など、人間が何もしていなくても常に使われる酵素です。よく聞く代謝アップ、という言葉はこの代謝酵素の事です。

 

この2つの酵素を合わせて「潜在酵素」と言うのですが、この2つの酵素のパワーバランスは常に一定ではありません。体が消化しにくい、肉や魚などを多く摂取しすぎると消化酵素だけでは消化をまかないきれず、代謝酵素も消化作業にまわされてしまうのです。その結果、代謝酵素が足りなくなってしまい、痩せにくい体になってしまいます。

 

そこで「食物酵素」の出番です。食物酵素とは、生野菜やフルーツなどに多く含まれる酵素のことで、食事より体内に摂取されます。この食物酵素が、消化酵素の手伝いをしてくれるのです。すると代謝酵素が余計な仕事をしなくてすむので、本来の代謝酵素としてのパワーを存分に活用し、私達の体を正常に保ち、なおかつ脂肪を燃焼しやすい体へと変えてくれるわけです。さらに消化酵素もフルパワーを使わなくてすむので、代謝酵素の手伝いにまわれる、というわけです。

 

つまり酵素を摂取すると痩せる、というのは摂取することで「痩せやすい体を作る」という意味なのです。なるべくお肉や魚など、消化酵素を多く必要とする食べ物を摂取するときは、生野菜やフルーツなどと一緒に食べることで体内の酵素を温存できます。ちなみに食物酵素は加熱に弱く、熱を通した食べ物ではほとんど死んでしまいます。
しかし生野菜、フルーツなどは多くたべるのは難しいし果糖も気になりますよね。その場合酵素ドリンクやサプリメントなどを上手に使ってください。
健康で痩せやすい体を作るために、酵素はかかせないものなのです。

 

 

酵素ドリンク酵素の力で生活習慣病予防と免疫力アップ