酵素ドリンク 抗がん作用

MENU

古代エジプトでは万能薬だったアロエ

 

アロエにはガンの抑制効果があった!

 

アロエにはガンの抑制効果があった!

 

世界各地に600の種類があり、「医者いらず」などと言われているのが「アロエ」です。日本では「キダチアロエ」が有名ですが、最近ではアメリカから入って来た「アロエベラ」も普及しています。この2種類のアロエの効果はほとんど同じと思って良いようです。

 

このような「アロエ」古代エジプト時代には、万能薬として使われて来ました。日本に入って来たのは鎌倉、室町時代のころに中国から伝わってきたのだそうです。

 

古くから万能薬として利用されてきたアロエの研究は多く、抗がん作用の研究についても「日本癌学会(The Japanese Cancer Association)」の発表では常に研究の対象になっているものです。癌に対する研究については、愛知県のがんセンター、九州大学医学部などの多くの研究機関で行われています。

 

数ある研究の中から「藤田記念七栗研究所准教授」らのラットを使った研究結果では、体内や皮膚に出来た癌にアロエが有効に作用した。というものもあります。

 

「肝臓がん」。ラットの腹腔内に薬を注射してがんを作りやすくし、2週間後にラットを2つのグループに分ける。Aのグループには通常のエサを。Bのグループにはアロエの凍結乾燥粉末のエサを。その後6週間後に、AとBのグループの肝臓がん病変をチェックした結果、アロエの凍結乾燥粉末を食べていたBのグループのラットが27%もガンを抑えられた。という結果が出ました。

 

この研究は動物実験ではありますが、アロエの成分には抗がん作用があることは間違いのないことだと証明され、フランスにある世界トップのパスツール研究所では免疫機能のアップも発表されました。

 

アロエにはガンの抑制効果があった!

 

アロエの有効成分は世界各地の研究で30種類以上もあり、抗がん作用の他にも、糖尿病、胃・十二指腸潰瘍、高血圧などにも有効だと発表されて来ました。

 

キダチアロエは、昭和44年(1969年)「ガンの抑制効果」があると日本人医学者が発表、日本の気候にも合っていた品種だということもあり人気が一層高まりました。なので、日々の生活の中でアロエを食べたり飲んだりしておくことで、ガン予防が出来るのでは無いでしょうか。

 

上記写真の酵素ドリンク「優光泉酵素」には「キダチアロエ」が使われています。そして、優光泉酵素は残留農薬はもちろん、放射線等は一切検出されていません。添加物も保存料、着色料、人口甘味料を一切使用していない完全無添加の酵素ドリンクですので、赤ちゃんからお年寄りの方まで、安心して飲むことが出来るんです。
⇒完全無添加の酵素ドリンク 優光泉酵素公式サイトはこちらから