好転反応について

MENU

好転反応は無添加酵素が効き始めた証

 

酵素ドリンクを飲み始めてしばらくすると、何となく身体に不快感が現れてくることがあります。
だるさ、ほてり、下痢、渋り腹など、人によって症状は様々ですが、これらは酵素ドリンクによる身体の好転反応であると考える事ができます。
私達の身体は、普段の生活では化学物質や重金属などの有害物質を体内に溜め込むような生活を余儀なくされています。
酵素ドリンクを継続的に摂取すると、デトックス効果によってこれらの有害物質が体外に排出されるようになります。
そうなると、「有害物質ありき」だった身体が、元の健康な状態に戻ろうとして身体のスイッチを入れ替える作業をするようになります。
この「アジャスト期間」に起こるのが好転反応で、いわば身体が本来の健康体に戻るための通過儀礼のようなものだと考えればわかりやすいかもしれません。
温泉に入って湯治を行うと、「湯あたり」という症状が現れる事がありますが、これも身体の好転反応として例えられう事が多いですが、酵素ドリンクによる好転反応のロジックも、それと同じです。
ただし、大切なのは、せっかくそれらの好転反応が起こっても、添加物入りの酵素ドリンクを利用していては、また体内に化学物質を蓄積してしまい、元の「化学物質が満載で普通」の身体に戻ってしまいますから都合が良くありません。
好転反応が出ても慌てることなく、「ああ、身体が自然の状態に戻って行っているんだなあ」と理解をするようにして、継続して無添加の酵素ドリンクを飲み続けるようにすると良いでしょう。

 

 

酵素ドリンク酵素の力を台無しにしてしまう3つの食べ物は?