無添加で酵素成分を薄めない品質重視のベジーデル酵素

 

無添加で酵素成分を薄めない品質重視のベジーデル酵素

 

酵素ドリンクを調べ始めると目につくのがベジーデル酵素液。口コミで人気が広まり、累計販売本数は80万本を突破しました。ベジーデル酵素液は野菜酵素をメインに使っています。植物発酵エキスの原材料は野菜、野草、果実、海草類の106種類です。果熟酵素フルーツダイヤの80種類より多いですね。この植物発酵エキスにビタミン、果糖ブドウ糖液糖、オリゴ糖を加えた構成です。甘味は糖類から着ているようですね。糖分は配合していますが、果熟酵素フルーツダイヤと同じく保存料や香料は入っていません。酵素成分を薄めず、そのまま使用しています。
 ベジーデル酵素液は酒蔵に生息する特殊な酵母菌を使って原液を作っているのが特徴ですね。原液を作っているのは、創業天保元年(1830年)、江戸時代にまでさかのぼれる老舗の酒造会社(澤田酒造株式会社)です。発酵熟成には3年をかけ、発酵に使うのは沖縄産の黒糖と徹底した自然派素材です。
 ちょっと注意したいのは、味にくせがあることです。果熟酵素フルーツダイヤはマンゴーピューレを使うことで比較的匂いを少なくしたのですが、ベジーデル酵素液には漬物のような発酵臭があります。味は甘いので飲めないことはないのですが、匂いとのギャップに驚きますね。106種類もの原材料を3年かけて発酵させているのですから、無臭というわけにはいかないようです。またどろりとした濃度もあり、多少飲みにくいですが短期集中ファスティングのときは腹もちがいいです。
 定期購入毎月1本コースで、6566円(税込)です(H26年6月調べ、公式サイトより)。1本720ml入りで、約12回分です。1回分(60ml)のコストは547円。果熟酵素フルーツダイヤの約1.4倍です。約1か月で6566円×2本となると、長期間ずっと買い続けるのは、ちょっと厳しいかもしれません。値段より品質にこだわりたいひとなら、候補のひとつに挙げてもいいでしょう。

 

TOPへ