優光泉酵素とベジーデル酵素液を比較してみました!

添加物が含まれていない酵素ドリンクとして人気の高い「優光泉酵素」とベジーデル酵素液」を比較してみました!

 

味は?

 <優光泉酵素>

 

 60種類の九州産野菜や果物で作られていて、少し酸味のあるスタンダード味と、ほんのり梅味がする梅味の2種類あるので、その日の気分や味の好みに応じて味を楽しむことができます。スタンダード味は少しお漬物のような発酵した香りがしますが、「結構好き!」という声も多く、リピーターも多いのが特徴です。酵素ドリンクはお湯で飲むと酵素が死活してしまいますが、優光泉酵素は70度以下であればお湯で割ってもOK!寒い時期のダイエットは特に身体が冷えやすいので、優光泉酵素とお湯で身体の芯から温めるのもいいですね!

 

 <ベジーデル酵素液>

 

  106種類の植物が原材料で、かなりトロリとした甘目のプルーン味。酵素を作り出すのに不可欠な砂糖ですが、ベジーデル酵素液の場合にはビタミンやミネラルがふんだんに含まれている沖縄産の黒糖だけを使用するというこだわりがあります。飲みやすいプルーン味と深みのある黒糖味なので、水や炭酸水で割って飲むにはもってこいの味です。そのため、ジュースや豆乳で割るのが苦手・・・と言う人にはベジーデル酵素液はおススメですよ!

 

2.利用スタイルに合わせたラインナップが充実!

 

 <優光泉酵素>

 

  タップリ1200mlも入ったレギュラーボトルをはじめ、初めて試してみる人向けの「ミニお試しセット」や550ml入りで扱いやすいハーフボトルもあります。野菜の濃縮度が高くリッチな配合になっている「優光泉PREMIAM」や携帯に便利な粉末タイプの「優光泉パウダー」など、様々な利用シーンに応じた商品が揃っているのも大きな特徴です。いつでもどこでもタップリと酵素パワーを取り入れたいものですが、優光泉酵素は、それが実現できる商品ラインナップになっていますよ。

 

 <ベジーデル酵素液>

 

  こちらも通常のボトルタイプはもちろん、粒タイプの「ベジーデル酵素粒」、ペーストタイプの「ベジーデル酵素ーペースト」をはじめ、最近流行のスムージータイプになった「ベジーデル酵素スムージー」もあります。毎日欠かさず酵素を摂る事で美容やダイエット効果も高まりますが、なかなか難しいと言う人もいるかもしれません。忙しくて家で酵素ドリンクを飲む暇が無い人や、旅行中の便秘が気になる人などは、粒タイプやペーストなどをバッグにしのばせておいて、時間ができた時にサッと飲むというのもイイかもしれませんね!

 

3.添加物は?

 

 酵素ドリンクで気をつけたいのが「添加物の有無」です。保存料や人工甘味料などが含まれていると、体内の酵素が余計に消費されたり酵素の活動自体も弱まってしまう可能性があるんですよ!せっかく酵素をタップリと取り入れたいのであれば、無駄なことはしたくないですよね。その点、優光泉酵素やべジーテル酵素液はそれぞれ添加物が不使用なので安心して飲めますよ!

 

 <優光泉酵素>

 

  添加物はもちろん、砂糖やハチミツ、香料などで味や香りをつけるという事の無い、完全無添加の酵素ドリンクです。60種類の原材料も九州産を中心としていて、90%は九州産というこだわりよう。せっかく身体に良い酵素ドリンクを飲むわけですから、産地にもこだわりたいという人にはもってこい!特に、原液60ccを飲めば、バケツ一杯の野菜を摂取したのと同等程度の栄養が摂れるという事で、断食道場でも使われているのも納得ですね。

 

 <ベジーデル酵素液>

 

  添加物不使用、且つ106種類もの原材料は産地が明記されているので、安心して飲むことができます。酵素の培養に必要な砂糖は沖縄産の黒砂糖を使用しているので、飲みやすく沢山の種類の酵素を摂りたいという人にはおススメです!

 

 

TOPへ