酵素ドリンクを飲むとお腹が空かなくなる理由

 

「お腹が空いた」と人間が感じるのは、胃の中に食べ物がなくて空っぽになっているからだ!という風に考えている人が多いのではないでしょうか?
これ、実は誤った認識なんですよ。
酵素ドリンクで置き換えダイエットをしている人に話を聞くと、「不思議と酵素ドリンクを飲むとお腹が空かないんだよね」という話を良く聞くのですが、この印象が実は脳の空腹を感じるメカニズムを良く説明してくれています。
脳は、胃の中が空っぽになったから空腹感を感じるようになるのではなく、脳にまわる栄養分が不足するから空腹感を感じるようになるのです。
酵素ドリンクは単なる液体ですから、それを飲んだからと言って空腹感が収まるはずはありません。
ですが、事実として空腹感を訴える人が少なくなるのは事実です。
なぜでしょうか?
その理由は、酵素ドリンクには酵素の他に、様々な栄養成分が豊富に含まれており、それらが効率的に消化吸収され脳に栄養が充分に行き渡るため、「お腹が空いた」とは感じにくくなるからなのです。
酵素ドリンクには消化吸収を良くする酵素と栄養分が豊富に含まれていますから、その豊富な栄養分は短時間で消化吸収されて脳に補充される事になります。
このメカニズムが酵素ドリンクがダイエットに効く理由にもなります。
酵素ドリンクを飲めば、代謝が良い身体になります。
代謝が良い体に栄養分を補充すれば、脳は満腹感を覚え、余計なものを口にしなくても大丈夫な身体になります。
代謝が良い上に摂取カロリーが少なくなるわけですから、当然の事として体重は自然に減少していきます。
無添加酵素ドリンクが健康なダイエットを実現させるロジックがご理解頂けたでしょうか?

 

TOPへ