酵素は熱に弱い?という間違った認識

 

日を追うごとに増えている酵素ドリンクの愛飲者ですが、時々このような質問を受ける事があります。
「酵素って熱に弱いでしょう?酵素ドリンクは瓶詰めの前に熱処理して殺菌してるはずだけど、その時に酵素ドリンクに含まれている酵素は破壊されてしまうのではないの?」
なるほど、もっともな質問というか不安ですね。
しかし安心して下さい。
確かに多くの酵素類が50度から70度位の間で分解されてしまうのは事実ですが、熱処理をしても分解されない酵素も沢山あるので、熱処理をしても酵素ドリンクの効能には変化は現れないのです。
酵素ドリンクは自分で作る事もできますから、そうすれば熱で分解される酵素を心配することなく酵素の摂取ができますね。
しかし、酵素ドリンクメーカーの酵素は、多くのノウハウを注入された発酵過程を経て製造されているので、自宅で個人が作るのとは比較にならない位多くの種類、多くの量の酵素が含まれるようになるのです。
「熱処理を経て分解されてしまう酵素はありますが、それ以上に分解されない酵素が残存している」
そのように理解をしておけば安心して酵素ドリンクを利用することができるかと思います。
熱処理による酵素の分解よりも、もっと気にすべきは酵素ドリンクに含まれる添加物です。
添加物入りの酵素ドリンクには、防腐剤や甘味料などの人工化学物質が沢山含まれています。
せっかく身体に良い自然素材由来の酵素を摂取していても、同時に添加物も体内に摂取してしまっては、酵素ドリンクを飲む意味が無くなってしまいます。
熱処理をしても残存する酵素が豊富に含まれているのが酵素ドリンクですから、安心して飲める無添加の商品を選ぶようにすると良いでしょう。

TOPへ